さまざまな香りの楽しみ方「APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)」

さまざまな香りの楽しみ方「APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)」

~ LOCALERS(ロカレール)より vol.2 ~

 
皆さんこんにちは、「LOCALERS」の中村です。最近はお店のブログをなかなか更新出来ていなかったので、今回の連載で久しぶりに日々の出来事やモノとの出会いなど、過去の記憶を呼び起こしながら執筆しています。自分の言葉で綴るのもいいですね。
 
web-kiji0005
 
昨日に続き、2日目の本日も「APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)」。
 
初めての出会いは、僕の十年来の友人であるメガネブランド「kearny(カーニー)」の熊谷富士喜(僕はいつも富士喜くんと呼んでいます)からの紹介がきっかけでした。富士喜くんはデザイナーでもあり、東京・祐天寺の「feets (フィート)」のオーナーでもあります。そういえば姉妹店のsteef (スティーフ)」も以前に「今日のひとしな」に登場していましたね。
 
web-kiji0006
 
昨日はキャンドルをご紹介したので、今日はディフューザーから。ご存知の方も多いとは思いますが、店頭で何に使うものなのかを聞かれることがあるので簡単にご説明します。

ディフューザーは容器の中にオイルが入っており、そのオイルをスティックで吸い上げ、空間に香りを広げるタイプのフレグランスです(ちなみに安価で売られていてすぐになくなってしまうディフューザーは、ほぼ水です)。
 
web-kiji0007

Reed Diffuser 
使用期間目安:約5~6ヶ月 ¥7,500+tax
 
APOTHEKE FRAGRANCE」のディフューザーは250mlの容量で約半年ほど使用することが可能です。付属でスティックが5本付いていますが、挿す本数を調整することで香り方に強弱をつけることが出来ます。
 
web-kiji0008
 
香りのクオリティはもちろんですが、パッケージングも素晴らしいです。ウィスキーのような遮光瓶にラベルは活版印刷。栓は封蝋で、これも全てひとつずつ手作業なのです。部屋に置くだけで絵になります。
 
web-kiji0009
web-kiji0010
 
Room Mist Spray
内容量:60ml   ¥3,500+tax
 
こちらはミストスプレー。最も手軽に香りを楽しめるアイテムだと思います。空間にシュッとしたり、ベッドリネンやカーテンに吹きかけても大丈夫です。
 
web-kiji0001
 
うちのお客様でよく聞くのが、寝る前にベッドリネンや空間をいい香りにしてから寝るという使い方が多いようです(香水ではないので、肌に吹きかけないでくださいね笑)。
 
web-kiji0002
 
Incense Cone
容量:20個入り 燃焼時間:約20分 ¥2,700+tax
 
最後は最近リリースされた新作のインセンスコーンです。こちらは名前の通り、コーンタイプのお香です。
 
web-kiji0003
 
ステッィクタイプの展開もあるのですが、それに比べて燃焼時間は短めです。その分、香りの出る量が多いので短時間で香りを広げることが出来ます。携帯しやすいように蓋つきの缶に入っています。気分によって、これも最近は出張に持っていくようになりました。
 
web-kiji0004
 
キャンドルの炎やお香の煙がゆらゆらしてる様がまた良いですよね。ついつい癒されます。
 
それではまた明日。

→その他の「LOCALERS」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

さまざまな香りの楽しみ方「APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)」
Source: 暮らしとおしゃれの編集室

関連記事

ページ上部へ戻る