遠くへ出かけよう「BAILER(ベイラー)」

遠くへ出かけよう「BAILER(ベイラー)」

~「ViVO,VA(ヴィヴォ、ヴァ)」より vol.21 ~

21_1
岡山の岩尾さんご夫妻が営む「BAILER(ベイラー)」。船の法定備品である“赤くみバケツ”の形をもとに作られた、バッグのブランドです。実際その法定備品を作る工場で縫製されているという本格仕様。その丈夫さが、とても心強いバッグです。

21_2
店頭に並ぶこのバッグを眺めていると、使い続けられた先の姿がイメージとして浮かんできます。撥水加工された、やや硬めでハリのある帆布ですが、使うにつれだんだんと柔らかくなっていき、それが雰囲気となっていく。街へも、山へも、海へも、どこへ連れていっても景色と調和していくような、余白を感じるバッグ。

21_3
今年の春、私は岩尾さんに会いに岡山へ向かいました。宇野港にある古いビルで「CINQ(サンク)さんと共に開催された「530KM」というイベントへ。「BAILER(ベイラー)」の魅力は、岩尾さんご夫妻のお人柄の魅力も大いにあると、私はしみじみ思っています。古いビルから遠くに見える島々、行き来する船を眺めると、しばし現実を忘れてしまうほどの気持ちよさ。瀬戸内いいなぁ。

21_4
男女問わずに使えるデザインで、サイズやカラーも種類が充実。体系や好みに合わせて、是非お使い方をイメージしてみてください。夏に限らず、秋冬に持つ帆布もなかなかいいと思います。

21_5

←お店の紹介はこちらから

←その他の「ViVO,VA(ヴィヴォ、ヴァ)」の記事はこちらから

遠くへ出かけよう「BAILER(ベイラー)」
Source: 暮らしとおしゃれの編集室

関連記事

ページ上部へ戻る