まずはぜひ一度お試しを 天然毛の歯ブラシ

まずはぜひ一度お試しを 天然毛の歯ブラシ

~HAC by WONDER  MOUNTAIN(ハック バイ ワンダーマウンテン)より vol.28~

今日ご紹介するのは、「KENT(ケント)」の歯ブラシです。

web-kiji0004

パッと目に入る鮮やかなパッケージのこちらは、エリザベス女王二世によって英国王室御用達に認定された、歴史あるイギリスのブラシメーカー、KENT社の歯ブラシ。

「天然毛を使った “豚毛”と“白馬毛”の歯ブラシです」とお客様にお伝えすると、「え!馬?豚毛? エリザベス女王!? 王室御用達? 何?! この歯ブラシは!」としばしば驚かれます。「とにかくぜひ使ってみて下さい、癖になる心地良さなんです!」と、まずは一度試してみて欲しいという私たちスタッフの思いが全面に出てしまう当店のスタンダードアイテム。そんな私も天然毛の歯ブラシを使い始めて、その使用感にハマった一人です(笑)。

ブラシをよく見ると、数本だけ褐色の毛が混ざっていたり、毛一本一本の太さもまちまち。でも不思議です。多少力をいれてもしっかり毛がたち、不安定な磨き心地はありません。

フラットな形状でしなやかな磨き心地、黄ばみやヤニ汚れを落としてくれる“白馬毛”とギザギザヘッドの形状でやや力強い磨き心地、やさしく歯垢や汚れを落としてくれる“豚毛”。どちらも自己磨耗性が高く、歯の表面のエナメル質にも優しく歯垢や汚れをしっかりと落としてくれます。乾燥していた状態では硬く感じた毛も、水に濡れると「毛の当たり」が少し柔らかくなります。

人の髪の毛も濡れるとクタっとしてくるのと同じで、化学繊維を使った歯ブラシには無い特徴です。そして、天然毛ならではの優しくも程よい張り感がある口当たり。これがたまらなく心地よいのです。

日本でライセンスを受けた池本刷子工業が製造しているので、日本人の口に合うよう、英国の歯ブラシよりもすこし小ぶりに作られているのも嬉しいポイント。

web-kiji0005

使い心地はもちろん、英国の伝統を感じるパッケージやシンプルな見た目も魅力的。トロッとしたぬくもりを感じる半透明の持ち手や、絶妙に優しいカラーで印字された「KENT」のフォント。機能性第一、の歯ブラシとは異なる品の良さを感じます。毎朝向かい合う洗面台に並んでいたら素敵ですよね。

たかが歯ブラシ、されど歯ブラシ。

毎日使う道具だからこそ、そのちょっとした時間をより良いものに。そのちょっとした心地良さを積み重ねることが、より良い一日のスタートになるのでは、と思います。まずはぜひ一度お試しください。やみつきになること間違いなしです。

 

お店の紹介はこちらから

まずはぜひ一度お試しを 天然毛の歯ブラシ
Source: 暮らしとおしゃれの編集室

関連記事

ページ上部へ戻る