日々使うものだからこそ大切に「OJIKO WIRE WORKS」の道具

日々使うものだからこそ大切に「OJIKO WIRE WORKS」の道具

〜「THE STABLES(ステーブルズ)」より vol.22〜

 

web-kiji0002web-kiji0011

アルミワイヤーをつかって生活の中で日々使う道具を作る、「OJIKO WIRE WORKS(オジコ ワイヤー ワークス)」の森永よし子さん。それらの製品は、マットな質感とアルミを叩いたときのいびつな感じが残っていて、どこか柔らかい雰囲気があります。

web-kiji0005web-kiji0003 
 
アルミは基本的に柔らかく、手の力で形を変えられるので、それぞれの家の中のものの形に合わせて、広げたり縮めたりできるのが便利なところ。錆ないので水場でも使えます。当店でも、実際にお店の中で使っているのですが、それを見て気に入ってくださる方も多いです。
 
フックひとつにしても、用途によって様々な形が。
 
web-kiji0010 
●どでかフック
たっぷりとしたストール、マフラーなどに。
 
●2の字フック
幅のあるもの、いくつかまとめてかけたいときに。
 
●パンツフック
パンツのベルトループにひっかけて。
 
web-kiji0001
 ●ピンチフック
ポストカードを飾ったり、何か吊るしたい時にひっかける場所がないなというとき便利。
 
web-kiji0007
 ●ソープディッシュ
水はけがよいので、溶けやすい石鹸も底にたまったりせず使える優れもの。
 
web-kiji0009
web-kiji0008
●コーヒーフィルターホルダー
シンプルなつくりで、スッと家の中に溶け込むようなもの。
 
家の中の様々な場面で、「あったらいいな」と思うものがちゃんと形になっていて、無機質な感じではないところ。そして、使う人の求める形になってくれるおおらかさが、森永さんの作るものの良さだと思います。
 
 
 

←お店の紹介はこちらから
←その他の「THE STABLES」の記事はこちらから

日々使うものだからこそ大切に「OJIKO WIRE WORKS」の道具
Source: 暮らしとおしゃれの編集室

関連記事

ページ上部へ戻る