小さな町の小さな応援団 We are here Tシャツ

小さな町の小さな応援団 We are here Tシャツ

~ 「群言堂」 vol.30 ~

たった400人の町だから私たちにできることを考えてみました。
コミュニティーの大切さを考える今、
「わたしたちも町の子育てに参加したい!」

1
2009年から10年間、町の小さな保育園の運営を応援してきました。
全員で2人っていう年があるくらい少人数で、いつも存続の危機といわれ続けた保育園。
「保育園がなくなったら、若者が住めなくなる」これが地方の定説なんです。
そして、町は消えていく。

あれから10年。
今、この時代にまさかのベビーラッシュ!
この一年だけで10人の赤ちゃんが誕生!
保育園は18人まで増え、にぎやかな声が山にひびきます。

2
UIターンの若者が増え、若い夫婦が増え、そして町中でオギャー!!

そんな今、浮かびあがってきた新たな問題が2つあります。
「乳幼児を持つ親の孤立」と、「放課後の子供たちの孤立」。

親族から離れて暮らすIターンの家族は日々の子育ての相談をする相手が必要です。
両親共働きの子供たちは放課後に一緒に過ごしてくれる大人が必要です。

3

だから、これからはこの町の子育て支援サークル「森のどんぐりくらぶ」の活動を応援します。

4
今年はお弁当のおかずをデザインしたTシャツを作りました。
このTシャツの売り上げの一部を森のどんぐりくらぶの活動に役立てられます。
おにぎり・たこさんウインナー・ブロッコリー・レンコン・あじフライ
おいしそうなおかずが刺繍されています。
おかずの下に書かれた文字は「We are here」~私たちはここにいます~
私がここで暮らすことは、私がここで必要だから。
そんな意味が含まれています。

5

小さな町の小さな応援団。
400人の中のひとりとして、私たちにできること始めます。

 

これにて「群言堂」の「今日のひとしな」はおしまいです。各スタッフが商品に向き合ったこの一か月、新たな発見や初心を思い出しながら楽しませていただきました。

一か月間、ひとつひとつの商品をご覧下さった皆さま、ありがとうございました。

まだまだご紹介したい、語りたい商品はたくさんあります。
全国の直営店に、オンラインショップに、そして新緑がまぶしい島根県大森町に遊びにいらしてください。

お会いできる日を楽しみにしております。

担当:ミヤタ

根々|We are hereTシャツ(大人4,800円、子供3,800円+税)

←お店の紹介はこちらから

小さな町の小さな応援団 We are here Tシャツ
Source: 暮らしとおしゃれの編集室

関連記事

ページ上部へ戻る